セミナーお申し込みの方はこちらから  トップページはコチラ

脳内視力がよくなる!!
人生が変わるメガネ

疲れ・頭痛・肩こりが
「脳内視力」で治った! 著者:松本康

メインイメージ

メインイメージ

メインイメージ

メインイメージ


すでにお話を聞いてセミナーにお申込みたい方は、こちらクリックしてお申込み下さい。go

 

こんにちは、脳内視力カウンセラーの増田でございます。 このたび、松本康先生の
「人生を変えるメガネ 」 のご説明をさせていただきます。

実際眼鏡を作られた方のご友人にしかこのご案内はしていないので、このサイトを見られた方は、既にご承知だとは思うのですが、

「かけた瞬間、周りの美しさに感激して、涙が止まりませんでした」
「今まで見えていた世界は平面だった」
「原因不明の疲れは目が原因だったんだ」
「疲れなくなって、睡眠時間が毎日30分減りました」
「集中力が高まって、なかなか受からなかった資格試験に合格しました」

などなど、松本先生の メガネ には、信じられないようなお客様の声が続出です。
とはいっても、 別に メガネ に魔法をかけているわけでも、不思議な力を使うことなどしているわけでもなく、 【本当にその人にあった メガネを作って】 「本来その人が見えていなかったんだけど、 本来のそのままの世界が見えるようになる」 という本質的なことをしているだけで、 今まで世界をきちんと見えていなかった人が 本当の世界が見えるようになって、そんな現象が起こるわけです。

また、こんな声もお聞きします。

嘘か本当なのかその理由はさておき、これはメガネを変えることによって次のようなことがおこるのです。

・集中力が高まった。

・理解力が良くなった。

・理解力が良くなった。

・アイディアが浮かぶようになった。

・ゴルフのスコアが上がった。

・睡眠時間が短くなった。

一体なぜかというと・・・・それは、

「脳」と「眼」の関係

があるからなのです。眼から見た情報は脳で処理されて画像として認識されるのです。つまり脳が見ていると行っても過言ではありません。

メガネには、実はもっとすごい機能がある。

これまでの一般的なメガネは くのメガネ店や眼科では3項目(近視・遠視・乱視)
そして老眼しか考慮しません。 つまり、表現するところ

【眼に情報が見えるかどうか】(「眼球視力 」と呼びます)

に焦点を絞ってメガネ だったのです。さらに詳しく言えば、遠くのものが鮮明に見えるのかどうか?ということを基本にメガネが造られています。

普段、メガネやコンタクトレンズを買うときにこんな検査をしていませんか?

  • 昔使ってたメガネから、度数を計測する。
  • 右眼と左眼を固めずつ隠して「C」の向きを答える。
  • バルーンを見つめて焦点を合わす。
  • 放物線上に広がった線を見て、色の濃さの違いを調べる。

しかし、この検査では、眼球視力しかわかりません。

 

でも本当に見えるということは、

眼に入った情報が、脳に正確に届くかどうか(「 脳内視力 」と呼びます)

が重要になってきます。

そして、この脳内視力に課題がある人は例えば、

    ・右眼から入った情報が70%しか届いていなかったり

    ・左眼から入った情報が、0.05秒遅く届いていたり

    ・右眼と左眼が交互に情報にいていたり・・・


などなど、眼で正確に見た情報が、 脳 に確に届いていないのです。

そしてなんとその数は、日本人の30%が正確に届いていないのです

つまり、普通の検査では【眼球視力】をいくらよくしても、 【 脳内視力】が悪かったら
みる世界が変わってしまうのです。

これが、一般的なメガネの検査(眼球視力のみ)では調べることはできないのです。

自分の眼と脳の関係を知る検査方法がある。

では、どうやって脳内視力をはかるのかというと、実はドイツやアメリカなどメガネが保険適用される国では、しっかりと【 脳内視力 】を測定してメガネが作られているのです。 (ちなみに、 脳 内 視力 の良し悪しを、【視覚視機能】と呼びます。 )

じっくりと自分の眼がどんなふうに脳でみえているのか検査する。

さて、こんな【 脳 内 視力 】も検査した眼鏡ですが、 実際作るには、 一人ひとり1時間半近く検査しなければなりません。

普段やらない脳内視力を測定する10の方法を用いて眼の脳の関係をチェックすることにより自分と他の人がどんな見え方をしているのかがわかります。

もしかするとあなたは、二次元でしか見えていないのかもしれません。

しかし、日本にはちゃんと脳内視力まで計測してメガネを作ってくれるメガネ屋さんが極めて少ないのです。実際に知る範囲では、日本に数名しかいないんじゃないかと思います。実際に脳内視力を正しく計測するにはそれなりの知識も経験も必要になります。

毎回1時間以上かかる検査をするメガネ屋さんは、3,000円〜のメガネを扱っているようなお店ではなかなかすることはできません。

 

では、精密検査を受けなければわからないのかというとそんなことはありません。

 

実は簡易検査である程度わかってしまうのです。


実は【 脳 内 視 力 】がうまくいってるかどうか を、5分くらいの簡単な検査で計ることができます。
その簡易検査を、させていただきながら、 【 脳 内 視力 】についてもっと深く語るセミナーを 今回、「人生が変わるメガネセミナー」 ということで、行うことになりました。

  【人生が変えるメガネセミナー】

松本康ことまっちゃん先生が眼と脳の関係の関係からメガネを通じたNPO活動についてまでたっぷり1時間半話して頂きます。

【お話する可能性のある内容】

【当日お話する可能性のある 内 容】

○日本人の約3割は、 脳内視力が正常でない

○何故、かけるだけで人生が変わるのか

○今見ている世界が、実は本当の世界ではないかもしれない

○脳と眼の関係がうまくいってない人が3割もいる

○情報が100% 脳 に入っていないときに起こる障害

○脳の疲れと頭痛と肩こりの原因について

○何故、もっと 脳 が生かされていなかったのかが理解できる

○眼鏡をかえるだけで、集中力がアップする

○なぜ脳は強いのか

○2次元しか見えないのが、3次元に見えることを体験する

○遠近感、立体感、距離感を把握できないと何が困るのか

○何故、この メガネ を作れるようになったのか

○ドイツ式とアメリカ式について

○見えたものが100% 脳 に伝わっていないから、眼が疲れやすい

○コンタクトレンズは20年しか眼にはもたない、 というのは本当か

○レーシックの手術をする医者は何故レーシックをしていないのか

○何故、 医者に見捨てられた人が松本さんの眼鏡で解決することがあるのか

○学習障害、発達障害だと思われた子供が、 実は眼と 脳 の関係で解決することがある

また、希望者に人数に限りがありますが、簡易検査も行ないます。5分ぐらいの簡単な検査ですが、これで、眼がしっかりと使えている7割か両眼が使えていない3割であるのかは大体わかります。 先着10名様限定となっております。 検査をご希望の方は、そちらもあわせてご連絡くださいませ。

人生を変えるセミナー詳細

以下がセミナーの詳細内容です。

ドイツとアメリカのメガネを学んだ松本康の

人生が変わるメガネセミナー

東京会場:銀座の事務所で行います。

定価:¥5,000特別価格:¥無料

お申し込みはこちらから

もし日程が合わないという方は、次回の開催日の案内を致します。こちらまでメールください。

E-BOOKイメージ
松本康先生
メガネワールド オーナー
両眼視機能研究所
NPO法人 眼からウロコ
人生が変わるメガネ
脳内視力メガネ 代表

 

松本先生プロフィール

■ 松本 康
岡山県生まれ。「メガネワールド」オーナーとして、メガネづくり一筋 25年。
これまで延べ一万人超のメガネをつくり、研究を重ねてきた。
「立体視」ができない人が3分の1もいる事実から、「脳内視力」というコンセプトにたどり着く。試行錯誤の後「脳内視力を改善するメガネ」が完成する。
チェーン店の安価なメガネとは一線を画し、1時間以上かけてオーダーメイドでつくる医療機器としてのメガネを提案。
現在では、各界の著名人はじめ、全国、海外からも顧客が押し寄せている。
また、NPO法人「眼からウロコ」代表として、学校や公的機関での「脳内視力」に関する無料の講演を開催。発達障害の子どもたちやその親に対してのカウンセリングをライフワークとして情熱的に取り組んでいる。




普段は岡山におりますが、毎月このセミナーの為に上京して頂いています。ぜひこの機会にご参加頂ければと思います。

さらにちょっと先取りで松本先生のセミナーの様子を一部先取りで公開します。

 

少しお聞きづらい点がありすみません。セミナーでは、なぜ松本先生がこのようなメガネを作るようになったのか?今伝えたいことをなど質疑応答を交えてお話します。

よくある質問

Q.

眼が悪くないのですがセミナーに参加してもいいですか?

A.

はい。もちろん。OKです。松本先生のおっしゃられる脳内視力について少しでも理解して頂ければと思います。一般的な「眼が悪い」というのは、遠くが見えるか見えないかの事だと思いますが、松本先生の提唱する脳内視力は眼球視力の検査は、わかりません。本当に脳と眼がいいのかはまた違いますので、ぜひセミナーに起頂き、簡易検査をして頂ければと思います。

Q.

セミナーにでたら必ず、メガネを買わなければならないのですか?

A.

いいえ。無理に買う必要はありません。途中にもお書きしましたが、日本人の約七割の方は正常に両眼を使えています。必要ない方にはメガネを押し売りするようなことはございません。ただ、眼と脳の関係性を知るだけでも十分価値があると思いますので、ぜひいらっしゃって頂ければと思います。

Q.

コンタクトレンズはあるのですか?

A.

セミナーの中でもお話しますが、コンタクトレンズとメガネは根本的に機能が違います。コンタクトレンズにはコンタクトレンズの良さ、メガネにはメガネの良さがあります。ただし脳内視力の矯正はメガネでないとできません。

Q.

その場で検査ができるのですか?

A.

簡易検査に関しては当日希望者に行っていますが、精密検査については、1時間〜2時間かかりますので、その場では検査できません。後日予約の上、検査に来て頂ければと思います。

Q.

岡山に行かなければメガネを作れないのですか?

A.

東京でも作れます。特別検査は東京でおこなっておりますので、予約して頂ければ、特性メガネを創ることができます。大体検査後2週間程度で作れます。

Q.

いきなり検査を受けることはできないのですか?

A.

よりメガネの良さを理解していただくためにもセミナーに参加後検査を受けることをおすすめします。いきなり検査を受けても、検査がうまくいかないことが多くあります。それは、精密検査は検査の意味を理解して頂いた上で受けて頂いたほうが理解が深まり自分の眼のことが理解できるカラです。

 

お客様の声

セミナーに参加された方の検査をされたお客様の感想の声です。

真実の情報を知ることの大切さを改めて感じました。
まっちゃんの正直な語り口が楽しくて面白いです。

レーシックの怖さ、医療界とめがね界の違い

村上里奈様

まさかの”3割”発覚に衝撃を受けましたが、世界が変わる可能性はとても興味があります。

自分がみている世界しか見たことがないので、
人によっては違う見え方をしているということを初めて感じました。

M.M様(女性 音楽家)

・目と脳の関係についてわかった。
今まで感じていた遠近感の欠如の原因がわかった気がした。
眼鏡だけでは、矯正できない視力について気づいた。
ドイツアメリカでは、眼鏡は、医療器具だ。
M.U様(男性 会社経営)

視覚視機能という話を初めて聞きました。
自分が眠くなる理由が分かって驚きました。
まっちゃんのTVの話がオモシロかった。

M.I様

「本日のセミナーを聞いて気づいたことを教えて下さい。」

それぞれが当たり前だと思って気づいていない見え方のズレがあるというのがとても興味深いと思いました。
検査してみて自分にズレがあると分かって驚きました。ぜひ正しく見える世界を体験してみたいです。

「このセミナーを他の人にすすめるとしたらどんな人にすすめますか?」

メガネ、コンタクトをしている人、あるいは、日常疲れたような人。

K.H様

 

 

 

 

 

詳細検査をされた方の感想です。

winegroove:遊び心いっぱいの自由なワインライフ☆ 様(アメブロにリンク)

 

 

加藤まや様(ツイッターにリンク)

@maya555 加藤まや そのあたりを調整したレンズをつけたら、ものすごいラクだ(^^;;眼も気力も脳も使わなくてもちゃんとモノが見える!すんなり視界が脳に入ってきて、しかも像がハッキリクッキリイキイキと見える! 10月29日 TwitBirdから お気に入り リツイート 返信

 

 

もしセミナーの内容にご満足いただけ内容でしたら、セミナー代を全額ご返金いたします。セミナー修了後いつでもスタッフに申し付け下さい。ご返金いたします。

お申し込みはこちらから

もしかするとメガネを変えるだけで人生が変わるかもしれない

いまでは、街のメガネショップに行けば、3,000円からメガネを作ることはできます。しかしいくら眼球視力がよくなったとして脳にしっかりとした情報が伝わっていなければ、しっかりと世の中を見ることができません。メガネを変えることによって新しい人生が見えるのは一体いくらの価値があるでしょうか?まだ、人生で一度も検査をうけたことがなければぜひ一度おすすめします。

お申し込みはこちらから
追伸

メガネをかけて一週間の感想です。

メガネでこんなに変わるんだなんて、想像したことはありませんでした。多くの本を読み、セミナーを受けて人にあい、いろいろなことを見てきましたが、もっと早くにこのメガネをかけていたらもっと多くのことを吸収できたのではなないかと思いました。もし、これからの人生でも多くのモノを見るときにもっと見やすくなったら楽しくなりませんか?

脳の8割は眼からの見た情報の処理に使っています。

眼の疲れ=脳の疲れ×0.8ぐらいだと思って頂ければとだいたいあっていると思います。

脳の疲れを癒すことが出来れば、その分のエネルギーを考えることにエネルギーをもっとクリエイティブな思考に回してみてはいかがでしょうか?

だからこそ、メガネを変えることにより会社の売上が上がったり、人間関係がよくなると思っています。

まずは、両眼が正しく使えているのか?を調べてみて頂ければ幸いです。

お申し込みはこちらから

さらに追伸

まっちゃん先生の人生の目標

まっちゃん先生が東京でセミナーをやるのには理由があります。それは、このメガネを岡山で売りだして5年。ある限界に気づいたからです。

実は、岡山では「NPO法人 眼からウロコ」という活動をおこなっております。

松本理事長からの言葉

遠くは見えても、近くが見えない

現在学校で行なわれている視力検査は
遠くが見えているかしか調べません。

学校の視力検査では近くが見えない子供は発見できないのです。

黒板の文字は見えるのだけれど、教科書が見えない子供は
クラスに数人はいるといわれているにも関わらずです。

老眼のように、以前見えていたという経験がある大人なら
視力の低下が自覚できます。

しかし、子供は見えたという経験がありませんので
近くがぼんやりとしか見えなくても、それが異常とは思わず、普通のこととして受け入れ、自分から近くが見にくいとは訴えないのです。

ですので本人は気づかないのです。

黒板が見えないよりも本が読めないほうが
勉強がはかどらず、学習能力が低くなります。

将来の可能性のあるこどもの視力を確保すること。
そのために、近見視力検査を学校の視力検査の一環に含めてもらうこと。

NPO法人 眼からウロコはそのための活動団体です。

何よりもまず、近見視力不良という言葉をどこまで一般に浸透させることができるかを眼標に進んでいきたいと考えております。


 

松本理事長は、岡山の養護学級の先生に毎年講演会を開催しています。しかし、岡山だけではこのことを伝えることをできないという思いからよりこの考えを広げるためにも東京でセミナーを開催することを決意しました。

これからも、多くの人をメガネで救いたいと思います。

最後までありがとうございました。