松本先生のご経歴

■ 松本 康(1968年6月19日生)

20歳 :自分で納得の出来るメガネが創りたくて大手メガネ店に就職、転勤が多く退社
22歳 :結婚・中小メガネ店転職し、25歳の時にメガネ店が倒産して独立する。
26歳 :独立、倉敷で 「メガネワールド」 オープン

独立当時は、まだ珍しかったディスカウントのメガネ店で、それなりに繁盛していたが、
31歳、ディスカウントメガネ店の競合が沢山出店し、 売上がどんどん低迷。
値段が一緒なら、テレビCMをしている店で購入する方が安心! と思われ、大手ディスカウントメガネ店にどんどんお客さんが流れていってしまった。

低迷時期に考える時間として、 私は 「自分で納得できるメガネを創る為」 にメガネ屋になった事を思いだし、 とことん視力検査にこだわったメガネ屋 になると決めて、 「欧米式視力検査」「ドイツ式視力検査」「両眼開放屈折検査」 を勉強し、今も勉強し続けている。
学んだ事を、現場で実践し、「卓上の空論」にならないようにひとつひとつ確かめ、さまざまな仮説を立てて実験を繰り返し行っている。

私が34歳の時に、お客様から、 「深視力検査がパス出来なくて困っている。何とかならないか。」 と相談を受けました。深視力検査とは、大型、二種免許などを取る時に視力とは別に遠近感、立体感がちゃんと把握出来ているのかを調べる検査です。 普通免許では深視力検査は行われず、お客様は今まで深視力不足であることがわかりませんでした。

今の日本の一般的なメガネの検査方法は、遠近感、立体感まで調べる事はあまりしません。
その深視力相談のお客様も多くの眼科・メガネ店に相談したけれど、 どこも深視力検査がパス出来るコンタクトやメガネが出来なかったそうです。
そこで私のやってきた事が、深視力のお客様にどれだけお役に立てるのかやって見ようと思い、約1時間半ほどありとあらゆる検査をして見た結果、 深視力検査にパスできるメガネが出来ました。

その深視力のお客様が、パソコンに詳しい方で、 無償で私のホームページを制作し、内容をアップ してくれていたようです。本当にうれしいお話でした。
これからもこのホームページで、皆様からいただいた 「言葉の贈り物」を掲載 していきます。
眼はもちろん、頭痛・肩こり等で、悩まれている方々のお役に立てれば幸いです。

マンガの小冊子版のお問い合わせについて

簡易検査会&セミナー交流会について

 

 

 

 


このページのトップへ